歯の痛みは強烈です。
根の治療がうまくいかないと痛みと長く付き合わなければいけないこともしばしば。
おもて歯科医院の顕微鏡根管治療は痛みを取り除き、壊れた組織を回復させて歯が長持ちできるように治療することができます。

患者さんは40代女性で右上の前歯がとても痛いとのことで来院されました。

レントゲン写真を撮影すると、根の先の周辺の骨が壊れて膿んでおり土台の杭も違う方向に打ち込まれていました。

原因は根管治療がうまくいっておらず、根の内部で繁殖した細菌が根の先端から体内(顎の骨)に侵入したため痛みと骨破壊が起こっているのです。

治療法は適切な根管治療で、適切に治療できれば壊れた骨が再生し痛みも消失して歯を抜かずにすみます。
言い換えれば根管治療が成功しなければ抜歯の可能性がグンっと高くなります。

実はこの患者さんは、顕微鏡治療を希望はしていたのですが、費用の面がということで他院で保険の根管治療をしてもらうことになりました。

ですがいくら治療しても痛みがとれないのでおもて歯科医院に再来院し、顕微鏡根管治療をしました。
顕微鏡根管治療費用は約10万円で治療回数は2回でした(この患者さんの場合)。

根管治療を成功させるために内部構造は知っておきたいところなので、CTを撮影しました。

サジタル像(横から見た像)

サジタル像では唇側の骨が非常に薄くなっており、病変もそこそこ大きいようです。

薄い皮質骨は病変が大きくなっているので膨隆しているように見えます。

コロナル像(正面から見た像)

コロナル像でも歯根の先端を取り囲むような病変を認めます。
途中からの顕微鏡治療なのでいつものようなコアや根管充填材の除去の映像はありません。

いつものようにCT画像で根管の形態をよく観察して、感染物質が残っていそうなところを機械的に清掃しました。

機械的な清掃が終わったら次亜塩素酸ナトリウムで洗浄します。

次亜塩素酸ナトリウムは有機物を溶解するので、もし間違って頬や舌に垂れてしまうと大怪我をします。
だからラバーダムで粘膜を保護する必要があるのです。
ラバーダムをしなければ十分な洗浄はできないのではないでしょうか。

化学的な洗浄が終了したらMTAセメントで根管充填します。

根管充填時のレントゲン写真。

その後コアを築造して仮歯で経過を観察します。

仮歯で約2ヶ月ほど経過を見ましたが特に問題がなかったので最終的なクラウンを装着しました。

根管治療後10ヶ月の定期検診時にCTを撮影しました。

サジタル像

サジタル像の術前・術後の比較

術前では非常に薄く膨隆していた皮質骨が、厚みを増してしっかりした骨になりました。
病変も著しく縮小しています。

コロナル像

術前・術後の比較

コロナル像でも病変の縮小が著しいことがわかります。

これは破壊された骨が再生したことを意味しています。
つまり根管内の感染は可及的に取り除くことができたのだろうと推測できます。

アメリカの根管治療の学会の成功基準は4〜5年間で自覚症状(咬合痛など)がなく、レントゲン写真でも病変が認められないこと、となっています。

ここでいうレントゲン写真とは従来のデンタルX線写真のことです。

今回はCTで経過を見ましたが、CTで見ても著しく治癒に向かってることが確認できたので一安心です。

他院の保険の根管治療とおもて歯科医院の顕微鏡治療は一体何が違うのでしょうか。

保険は別名制限治療と言われています。
当院の顕微鏡治療は自由診療です。

制限治療は国が決めた費用とやり方のみ認められます。
自由診療ではそれに拘束されません。

私が25年間歯科医療に携わってきた率直な感想は、根管治療においては保険の治療費は考えられないほど安価に設定されています。

日本の歯医者さんの99%くらいは保険診療です(主観的予想)。

保険治療に特化しています。

だから根管治療が上手く行かないことが割と多くあるのではないかと個人的に思います。

おもて歯科医院では自由診療で、私達の能力が十分発揮できる費用を頂いているため、技術習得のためのセミナーやより良い治療のために投資ができます。

この点が大きな差だと思います。

ですから、保険治療に特化した歯医者さんに十分お金を支払うから治してくれ、と言ってもなかなか期待する結果はでないかもしれません。

これは根管治療に限らず歯科治療全般に言えるのではないかと思っています。

このブログが、現在切実に歯で困っている患者さんの目にとまって、良い歯科医師に巡り会えるためのきっかけになればいいなあ、と思っています。

保険治療が当たり前の歯科治療に自由診療を患者さんに勧めると、あそこは金儲け主義とか、ボッタクリとか言われる傾向があるので、保険治療に特化して、自費を勧めず全部保険でやってくれる良心的な歯医者さん、と患者さんに思われたほうが楽ですよ。

保険治療でも大勢来院してくれれば経営的にも安定しますしね。
ちょっとくらいのトラブルがあってその患者さんが来なくなっても、代わりの患者さんは沢山いますから。

おもて歯科医院の顕微鏡治療は「大勢に」というより、「あなたに」という治療をしています。