千葉県浦安市 | 顕微鏡歯科治療 | マイクロスコープ | 根管治療 | 保険治療対応
rss
おもて歯科医院

詰め物・被せ物治療

詰め物 顕微鏡精密レジン修復

う蝕の分類

適応症はC2の虫歯です。

顕微鏡精密レジン修復の最大のメリットは、健康な歯を極力削らない、虫歯の取り残しがない、隣の歯の誤切削がない、レジンを精密に充填できるので段差や隙間がない、だから治療しても予防ができるので長持ちするところです。

奥歯になるほど歯磨きがしにくく、歯と歯の間はさらにお手入れがしにくいところです。そこに段差や隙間のあるレジンが充填されると歯垢を取ることができません。
せっかく治療しても予防のできない歯になってしまい、虫歯のタネを植え付けるようなものになってしまいます。

レジン術前

①歯と歯の間に虫歯があります

レジン切削

②隣の歯を誤切削しないように慎重に虫歯を削ります

レジンう蝕確認

③虫歯は内部に深く進行していました

レジン切削

④虫歯の取り残しがないように徹底的に取り除きます

レジン充填

⑤隙間や段差がないようにピッタリになるようにレジンを詰めます

レジンフロス

⑥フロスを通しても引っかかりません

レジン頬側
レジン舌側

⑦⑧頬側も内側も適合精度の高いレジン修復ができました

顕微鏡を使わないレジン修復の欠点

歯と歯の間のレジン修復は、普通に行うと手探り治療になってしまうため、虫歯の取り残し、隣の歯を削ってしまう、詰めたレジンに隙間ができてしまうことが多いです。

レジン不適合

レジン不適合
レジン不適合

インレーの欠点

小さな虫歯でもインレーを被せるために健康な歯を多く削ります。
歯を再生させることができない現在、なるべく健康な歯は削らないでおきたいものです。
歯に楔を打つ効果もあるので歯が割れる危険性もあります。

インレーの欠点

被せ物 顕微鏡精密クラウン

保険のきかない良い材料さえ使えば、歯は長持ちするのか。
この問いに対しての答えは明確に違うと言えます。

クラウン

人工物は病気にはなりません。病気になるのは自分の歯です。
良い材料を使えば自動的に適合の良いクラウンになるわけではありません。

おもて歯科医院の顕微鏡精密クラウンは、歯科医師と歯科技工士が顕微鏡を使って適合精度を重視したクラウンなので、歯肉とも調和し、お手入れがしやすいため長持ちします。
この小さなクラウンに私たちと歯科技工士の技術の全てが凝集されています。
セラミックやジルコニアという材料を売っているのではありません。

歯を全周削って冠を被せます

歯を全周削って冠を被せます

クラウン適合

適合が良いと段差や隙間がないのでバイ菌が内部に侵入できません。

段差や隙間があるとバイ菌の溜まり場になってしまい自分の歯に虫歯が再発しやすくなります。

顕微鏡精密クラウン

顕微鏡下でのクラウン形成1
顕微鏡下でのクラウン形成2

顕微鏡下でのクラウン形成

精密印象

精密印象

適合精度の高いクラウン

適合精度の高いクラウン

症例

2008年 術前

2008年 術前

2018年 術後

2018年 術後

歯と歯の隙間が気になり近医でレジン充填をしてもらったが、不適合と審美的でないことから当院を受診した。
レジン修復物を除去すると広範囲に虫歯が残存していた。
本人の強い希望で前歯と小臼歯の被せ物での治療に決定した。
利点・欠点など十分な説明を丁寧に行い、長年月に渡って良好な結果が得られるよう、顕微鏡治療により精密で審美的なオールセラミッククラウンで施術した。
治療から10年経過したが良好に経過している。