千葉県浦安市 | 顕微鏡歯科治療 | マイクロスコープ | 根管治療 | 保険治療対応
rss
おもて歯科医院

診療方針

健康で充実した日々を過ごすためには、口腔の健康は必要不可欠です。

リタイア前にやるべきだった後悔トップ3

多くの患者さんは今まで歯の健康に気を留めていなかったことを後悔しています。

歯の病気のほとんどが自覚症状が無いまま進行します。
自覚症状が出た頃には神経を取らなくてはいけない、歯を抜かなくてはいけないということも決して少なくありません。

ご自身のお口の中の現状を知ることが大事です。
現状を知ることで対策を立てることができます。

多くの歯科医院では歯科治療の選択肢を提案できません。
歯科医療は患者さんが主体です。
私たちは患者さんにいくつかの治療法を提案しております。
ご自身のお口の中をご自身が正確に知った上でご自身が治療法の選択をすることが歯科医療ではとても大事なことであると考えています。

そのために私たちは、患者さん一人ひとりに対してフェアに情報を提供できるよう心がけております。

私たちは全ての患者さんに顕微鏡を用いてお口の中の状態を説明いたします。

おもて歯科医院の最大の特徴は、自由診療では顕微鏡を使った高度な治療を行えること、保険治療では顕微鏡でお口の状況を説明していることです。

私たちは「謙虚に、真摯に、そして優しく」を歯科医院の理念としています。

謙虚に

歯科医師と患者さんー 歯科医師は歯科治療という技術を患者さんに提供することは当然なのですが、立場が上であるわけではありません。
医療は人間対人間の関係が良好でなければ成り立ちません。
お互いに尊重しあえる間柄になれるよう取り組みます。

真摯に

現在の歯科医学では克服できないことはたくさんありますが、病に立ち向かうには最新の知識・技術を絶えず身につけていかなくてはなりません。
生体は正直で嘘をつきません。この崇高な生体を扱う職業に就いた以上、歯科医療の探求を真摯に生涯継続していく思いを強く抱いております。

優しく

”優しさ”は誰にとっても心が和みます。
歯科治療は恐怖と不安と痛みの代名詞ですが、歯科医師の考え方次第で無痛とは言えませんがかなり緩和できます。
言葉一つで受け止め方は千差万別です。
一人ひとり「違う」ことに寛容な優しい歯科医院でありたいと思います。

診療方針

『人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず。
しかし、内に求める心なくば、眼前にその人ありといえども縁は生じず。』

教育者 森 信三